予約

予約

採用情報

採用情報

column

自分に似合うメイクって??20代女子向けメイク法~◆ベースメイク編◆

 

身だしなみとしてもオシャレとしても、女性に必須の【メイク】。

メイク道具は変えても、メイク方法自体は昔のまま…という方も多いのではないでしょうか?

濃いめのメイクが主流だった数年前に比べると、最近のトレンドは《ナチュラル》。

毎日するものだからこそ、自分に似合うもの、年齢に合ったものを覚えておきたいですよね。

今回は、20代女子におすすめの『ベースメイク』をお伝え致します★

 

自分に似合うメイクって??

まずは《美の基本》を知る!メイクで『標準フェイスプロポーション』に近付ける

体型と同じように、お顔にも《美の基準》が存在し、それを『標準フェイスプロポーション』と言います。

顔型は『卵型』を基準として、

図①

青線⇒頭の幅を1とすると、頭頂から顎先までの長さは1.5。

黄線⇒生え際から顎先までを顔の長さとすると、眉の位置は上から1/3。小鼻の位置は、眉の位置の次の1/3。

ピンク線⇒目の位置は、生え際から口角までの長さの半分。

(頭頂から顎先までの長さの半分。)

図②

青線⇒小鼻からあご先までの長さを半分にしたところに、下唇の下線が来る。

黄線⇒両目の黒目の内側を下したところが口幅の目安。

ピンク線⇒目幅の目安は、目と目の間にもう一つ目が入る感じ。鼻幅は目幅と同じ幅。

メイクとは《様々なテクニックを応用し、フェイスプロポーションに近付けること》と言えます。

 

錯覚を利用する

錯覚を利用して、メイクで印象を変えることも可能です☺

例えばこちらの図。

丸は同じ大きさですが、明るい色は膨張し、暗い色は引き締まって見えます。

これをベースメイクやアイシャドウなどにも利用し、ふっくらと見せたり引き締めてみせたりすることが可能です。

 

20代女子におすすめ◎顔タイプ別ベースメイク法

まずは土台作りから★下地&ファンデーションの塗り方

20代女子メイクのポイントとなるキーワードは《ナチュラル》《つや肌》《みずみずしい肌》★

厚塗りにするのではなく、素肌感を大切に、あくまでも気になるところをポイントで隠していきます。

下地の役割は、肌の凹凸を滑らかにすることやファンデーションの持ちを良くすること。

化粧直しの頻度を抑えることで、ファンデーションの厚塗りも防げます。

 

下地を塗るときのポイントは、頬骨や鼻、あごなど顔の高くなっているところのみに塗ること!

そうすることでハイライト効果もあり、顔を立体的に見せてくれます。

肌色補正効果があるものも多いので、下地も自分の肌色に合わせて選ぶと◎

ファンデーションは目指したい肌質に合わせてリキッドかパウダーを使い分けます。

今までは『乾燥肌の方にはリキッド、オイリー肌の方にはパウダー』と言われ続けていましたよね。

現在では乾燥肌の人でも使いやすい高保湿タイプのパウダー、オイリー肌の方でも使いやすいオイルコントロール成分が配合したリキッドも多数販売されています!

 

目指したい肌質(つや肌、マット)を決めてから、自分の肌質(乾燥肌、オイリー肌、敏感肌など)に合うファンデーションを選ぶのがおすすめです☺

 

つや肌を目指したい方におすすめなのはリキッドタイプ!

マットな肌を目指したい方におすすめなのはパウダーファンデーション!

どちらの場合も小鼻周りなどはファンデーションが溜まりやすいので塗り過ぎに注意しましょう💡

 

つや肌を作る★ハイライトの入れ方

顔を立体的に見せることが出来るハイライト★

パウダータイプが一般的ですが、つや肌を目指すなら、クリームタイプorリキッドタイプを選ぶのがおすすめです。

ピンク線⇒Tゾーン。ここにハイライトを入れることで鼻筋を高く見せることが出来ます。

 

黄色線、緑線⇒下まぶたの外側と、唇の上の窪みにも!くすみがちな部分もハイライトで明るく。

表情まで明るく見せてくれます。

 

青線⇒あご先にハイライトを入れることで、あごを小さく、顔をシャープに、小顔に見せてくれる効果があります。

 

小顔効果◎顔型別シェーディングパウダーの入れ方

ベースメイクで『標準フェイスプロポーション』に近付けるためには、シェーディングパウダーで影を作ることがポイントです💡

乗せる部分は、前髪の生え際部分とフェイスラインのエラの部分。基準となる《卵型》に近付けるイメージで載せていきます。

また、小さなブラシで鼻筋の脇にシェーディングを入れることで、彫りを深く立体的に見せることもできます★

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

つや肌のポイントは

*下地は顔の高くなっているところのみに塗る!

*ファンデーションは目指したい肌質(つや肌・マット)を決めてから、自分の肌に合うものを選ぶ!

*ハイライトはくすみがちな部分に乗せて、肌を明るく!

 

ぜひ、コスメ選び&メイクのご参考にしてみてください☆

 

MIRROR BALLでは美容室の他にまつエクサロンを展開している他、トータルビューティーの資格を取得したビューティコーディネータースタッフが多数在籍しております。

http://www.co-mirrorball.com/

ヘアスタイルに合わせ、メイクに関してもぜひご相談ください☺

Popular

過去の記事を読む >